東京学芸大学生協について

▼生協加入のお願い

大学生協は、同じキャンパスで学ぶ学生・教職員が組合員になることにより、組合員どうしが協力し合い、組合員の生活文化の向上を図ることを目的とし、活動しています。

東京学芸大学生活協同組合は、学内の福利厚生を担う団体として、多くの学生・教職員の賛同を得て、1960年2月16日に創立されました。

あなたも学芸大生協の運営者!
こういうことをしたい。こういうことをやってみたらというようなことがあったら、いつでも提案して下さい。実現に向けていっしょに考え行動する仲間がいます。


[ 東京学芸大学生活協同組合概要 ]
生協創立 1960年2月/設立:1965年7月
組合員数 6,379名
出資金 8,303万円
最高議決機関 総代会
理事長 及川 英二郎(本学教授歴史学)
役 員 理事25名、監事4名
生協職員数 正規職員6名、パート・アルバイト約60名
2017年度供給高 8億5,642万円
2017年度学生総合共済 給付件数498件 給付金額3,244万円
関係団体 全国大学生活協同組合連合会
全国大学生協共済生活協同組合連合会
大学生協事業連合
東京都生活協同組合連合会
生協総合研究所
 

生協加入のお願い

東京学芸大生協は、学生・院生・教職員1人1人が出資金を出し合って加入し、利用し、運営し、協同で大学生活を豊かにしていく組織です。生協への加入には出資金が必要です。

皆さんの出資金は生協の店舗・運営の運転資金となります。現在、学芸大生の95%の方が組合員に加入しています。

出資金は卒業・退職など脱退時に全額ご返金いたします。
 

組合員になるには…

組合員になるには出資金が必要です。
学生・院生は、出資金15,000円(50口)、教職員は6,000円(20口)、留学生は3,000円(10口)でお願いしています。
出資金をご持参の上、小生協2F生協本部までお越しください。
生協出資金は卒業・退職などの脱退時に全額返金いたします。
 
東京学芸大学生活協同組合 生協本部
小生2階
TEL 042-324-6225

〒184-8501
東京都小金井市貫井北町4-1-1
営業時間 月~金 10:00~17:00

ただし大学の春休み・夏休み・年末年始等は、短縮営業になります。
詳しくは、営業時間をご覧下さい。
 
 

住所変更手続きについてのお願い

宿先・帰省先が引っ越した場合は、生協本部に住所変更の手続きをお願いいたします。
住所変更をしないと、生協出資金の返金のお知らせ等、生協からの大切な連絡が届かなくなります。
組合員の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 

再発行手続きについて

紛失等で再発行が必要な場合は、小生協2F生協本部で再発行いたします。
学生証など身分証明書をご持参ください。
  • メンバーズカード再発行手数料 150円
  • 出資証明再手数料 150円
 

出資金返還に関して

出資金返還のご案内

生協出資金は卒業・退職などの脱退時に全額返金いたします。返金には返還手続きが必要です。
出資証書・印鑑が必要です。

卒業時の出資金返還は卒業式の日に行います。

退学・退職等で脱退の場合は、退学を証明する書類が必要です。(コピー可)
返還手続きをいたしますので組合員証と印鑑をご持参の上、小生協2F生協本部までお越しください。

 
ひとくちメモ
生協は助け合いの精神から・・・
生協(生活協同組合)は、1844年に産業革命の進んだイギリスで工場労働者が、自分たちで出資金を出し合い、日常生活に必要な小麦粉やバターなどの食料品を共同購入することから始まりました。
そこでは、品質のよいものを安く買うことができ、また、この組合は自分たちでお金を出し合い、自分たちの力で運営していくため、組合員の意見は大切にするという精神が生まれました。

現在200以上の大学で
日本の大学生協の誕生は1898年の同志社大学の消費組合が結成された時まで遡ることができます。
その後、第二次世界大戦につながる苦しい時代を経験し、戦後は「学ぶことは食うこと」という苦しい状況下で、まず、食事・文具・書籍の確保を第一に…、再スタートを迎えました。

現在、組合員の要望に応え、サービスを広げ、200以上の大学・短大・専門学校等のキャンパスで大学生協は皆さんの生活・活動をサポートしています。
 

ページの先頭へ