お店からのお知らせ

2017年05月17日(水)

ランサムウェア(マルウェア)にご注意ください。
(5/18 Windows Updateに関する記述を一部修正しました)

お知らせ

【概要】

 

ランサムウェアとはマルウェア(悪意や有害な意図をもって作成されたソフトウェア)の一種で、急速に被害が広がっています。

ランサムウェアがパソコン内で実行されると、一部またはすべてのファイルや機能に制限がかけられ、制限の解除のために金銭を要求されます。そのため「身代金要求型不正プログラム」とも呼ばれます。たとえ「身代金」を支払ったとしても、そのまま放置されることがほとんどなので、万一被害にあった場合にも「身代金」を支払ってはいけません。

Windows 7 以前、Windows Server 2008 以前のパソコン、Andoroid スマートフォン、タブレットで被害が報告されています。
詳しくは、こちらのページ(
https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20170514-ransomware.html)をご覧ください。

 

【対策】
 

  1. 不審なメールの添付ファイルの開封や、リンクへのアクセスをしないこと。

    ランサムウェアはメールやWebサイトを経由して、パソコンなどへ侵入します。不審なメールやその添付ファイルは開かないようにしましょう。不審なリンクやバナーはクリックしないようにしましょう。

    リンク先のURLが信頼できるかどうか判定する「トレンドマイクロ Site Safety Center」(https://global.sitesafety.trendmicro.com/)のようなサービスもあります。適宜ご利用ください。
     

  2. Windows Update により、Windows を最新の状態にしておくこと。

    多くの場合、パソコン終了時に自動的にアップデートされるよう設定されています。
    手動で行うには、スタートメニューや Cortana の検索窓へ「upd」と入力すると、「更新プログラムをチェック」という項目が表示されるので、選択します。「最新状態です」と表示されていれば、正常にアップデートされています。
    Windows Vista や XP などは、すでにメーカーのサポートが終了していますので使用しないようにしましょう。

     

  3. 信頼できるセキュリティソフトを導入し、最新の状態にしておくこと。


    生協で新学期に販売している「オリジナル学習用パソコン」には、ウイルスバスターの4年間ライセンスが付属しています。ただし、オンラインでのユーザー登録まで完了していないと、機能しません。正しく動作しているか、必ずご確認ください(設定方法はこちらのページ)。また、ウイルスバスターからアップデートの案内が表示された場合は、なるべくすぐに実行してください。
    ランサムウェアはアンドロイド端末にも取り付きます。タブレットやスマホにもセキュリティソフトを導入しましょう。生協ではパソコンやスマートフォンなどへ同時にインストールできるセキュリティソフトも販売していますので、ぜひご相談ください。

     

    ノートン セキュリティ デラックス 大学生協版(ソフトウェアカード店頭販売中)

    ノートン モバイルセキュリティ 大学生協版(ソフトウェアカード店頭販売中)

    ウイルスバスター クラウド(お取り寄せ)


    無償のセキュリティソフトもいろいろありますが、ランサムウェアなどには対応できないものや、定義ファイルの更新が遅いもの、検出率の低いものもあります。きちんと確認しながら、ご利用ください。できれば、有償のセキュリティソフトのご利用をおすすめします。

 

以上

ページの先頭へ