学生総合共済について

大学生活と高校までとは違います

大学では日常生活の行動範囲がぐんと広がります!

大学生には大学生向けの保障が必要です

子ども向け保険や共済、他の学資保険は在学中(18〜20歳)に満期を迎えるものが少なくありません。また保障の範囲もアルバイトや実習、インターンシップ参加時のケガなどに対応していない場合もあります。高校までとは違い、行動範囲が広くなり、充実した大学生活を送るには、安心して積極的に行動できる”支え”が必要です。大学生には大学生向けの保障にご加入ください。


 

大学生活の4年間で、15人に1人が病気やケガで入院

大学生活の4年間では、実に15人に1人が病気やケガで入院をしています。こういった入院費は期間やケガの状態によっては、かなりの高額となるケースもあります。病気やケガでは、こういった予期せぬ出費だけでなく、授業に出られない、アルバイトに行けず収入が減少するなど、学業継続を妨げるリスクもあります。

病気やケガでの入院
病気やケガでの手術
事故で通院

※発生確率と共済金の平均支払額は2017.10~2018.9の共済金支払実績から算出

 

茨城キリスト教学園生協の4年間の共済給付事例

 
 
※詳しい給付事例は「加入のご案内」冊子をご覧ください。
  

もしもの時に備え、健康で安全に学生生活を過ごすために、
「学生総合共済+あわせておすすめする保険」にご加入ください。
茨城キリスト教学園生協がおすすめする「基本プラン」「安心プラン」でご加入をお願いいたします。

 

学生総合共済のさらに詳しい情報は、大学生協共済連のWebサイトをご覧ください大学生協の学生総合共済

学生生活の様々なリスクを幅広く保障します
共済金の支払いを受けた学生の声
加入を決めた保護者の方からの声


新入生応援ページに戻る

ページの先頭へ