読書マラソン委員会(読マラ)

▼ 読書マラソン委員会とは?? ▼ 活動内容の紹介

読書マラソン委員会とは??

読書マラソン委員会は、「読書マラソン」を多くの学生に広め、参加してもらうために活動しています。

読書マラソン委員会キャラクター リブラ


活動内容の紹介

書評誌「どくまら」の発行

年に数回発行している書評誌「どくまら」。毎回あるテーマに沿って委員がそれぞれイチ押しの本の書評を載せています。
また、書評だけでなく、コメントカードを紹介したり、生協書籍部や図書館からのお知らせもあります。面白さと情報、委員のこだわりがたくさんつまっています。
この「どくまら」は、図書館や小生2階の棚などにおいてあるのでぜひ、手に取ってみて下さい。
 

書籍部の棚作り

小生2階にある書籍部で、委員が、毎月テーマを決めて、POP(本の紹介文)を書き、本を並べています。
多くの学生の委員お勧めの本を見てもらえるので、やりがいがあり、また学生の読書のきっかけになる大切なお仕事です。
 

コメント大賞・表彰式

「新入生コメント大賞」
4月から行われる『新入生コメント大賞』の運営をしています。
皆さんが、期間中に出したカードが大賞で、その中から選考し、大賞を決めます。
受賞式は、委員や受賞者との交流会も兼ねてて行います。

「全学年大賞のコメント大賞」
全学年大賞のコメント大賞も夏から秋にかけて行います。受賞式は12月に行います。
どちらも沢山のコメントカードの応募をお待ちしています!
 

リーダーズネットワーク

東京近郊の大学の読書サークルなどが集まり、好きな本について語る交流会や、作家さんを招いてトークショー・サイン会を開いたりしています。
最近は、森見登美彦さんや東川篤哉さんをお招きしました。
他大学の本好きと仲良くなれる楽しい集まりです。
 

ツイッターおしらせ

委員会からのお知らせや、委員が本の感想を伝えたい時、ツイッターに色々書いています。
時間の空いたときにのぞいて見て下さい。
どくまらツイッター

毎週火・金の昼休みにミーティングを行っています。
 

【読書マラソン委員会 会員募集中】
読書マラソン委員会の活動に興味ある方、詳しい説明をご希望の方は、小生2階生協本部まで
 

「大学4年間で本を100冊読もう!」 を合い言葉に大学生協では、読書マラソンを進めています。

大学生協の読書マラソンは こちら
 

ページの先頭へ