UNIV.co-op横浜国立大学生活協同組合

メニュー

大学生活協同組合について

個人情報保護方針

横浜国立大学生活協同組合では、個人情報の保護・取り扱いに関して、生協理念に基づき理事会にて論議検討の上、「個人情報保護方針」を以下のように決定いたしました。
今後、この規定にもとづいた対応強化を強めてまいります。

1.個人情報の収集

横浜国大生協は、お預かりしている出資金を管理し、より良い商品・サービスをご提供するため組合員の皆様の個人情報を収集し利用、管理、保護します。

2.個人情報の利用目的

  • 増資、脱退の際に迅速に対応できるよう出資金の管理のため
  • 生協が事業として行う各サービス内容を迅速に提供させていただくため

上記以外の目的に組合員の個人情報を利用することはありません。
生協の商品やサービスのご案内などを電子メール、ダイレクトメールの方法でお送りすることがございますが、ご不要の場合には送信、配布を中止いたします。その旨のご希望をいただいた方へは、以降同じ分野のご案内はお送りいたしません。

3.個人情報の第三者への開示

組合員からご提供いただいた個人情報は、以下のいずれかに該当する場合を除き、組合員の同意を得ることなく、第三者へ開示することはありません。

(1)あらかじめ当生協との間で機密保持の確認をした企業などに当生協が必要と判断した範囲で開示する場合

(2)お問い合わせの内容が、当生協の取引企業や代理店から回答させていただくことが適切と判断される場合

(3)クレジットカード会社、その他金融機関に対する照会が必要と判断される場合

(4)法的な命令等により要求された場合

4.大学生協東京事業連合への情報の提供

各種事業・商品利用に際して、その目的達成のため関係団体である大学生協東京事業連合に対して必要最低限の情報を提供することがあります。その際にも提供目的の範囲内に限った情報利用制限を付し、個人情報の秘密の保持と管理を図ってまいります。

5.個人情報の適切な管理

組合員からご提供いただいた個人情報は、適切・慎重に管理し、漏洩、紛失、改ざん等の危険防止のため、適切な防止措置を講じます。

6.お問い合わせについて

組合員からご自身の個人情報についての内容の照会及び変更・訂正のご希望があった場合には、ご本人であることを確認させていただいた上で、できるだけすみやかに対応いたします。

7.法令の遵守

横浜国大生協は、個人情報保護に関して適用される法令および規範を遵守するとともに、上記各項目の内容を適宜見直し、改善してまいります。

2004年2月
横浜国立大学生活協同組合 理事会