UNIV.co-op千葉大学生活協同組合

メニュー

商品のお知らせ

【週刊ほんやニュース】 「おもてなし英語」で日本の良さを伝えよう!

  • 読むこと
近年、日本を訪れる外国人観光客がぐっと増えていますね。街で道を聞かれたり、バイト先の施設などで話しかけられて焦ってしまったことはありませんか?
東京オリンピックを3年後に控え、これからますます増えるのは確実!また、夏休みにホームステイで訪れる海外の学生さんなどにも日本の滞在を楽しんでもらえるように、ある程度のコミュニケーションが取れるようになったら楽しいですね。今回は、そんな場面で役立つ「おもてなし英語」の本をご紹介します。

(表紙画像をクリックすると、インターネットサービス「Honya Club」にジャンプします)
 
『全業種で使える みんなの接客英語』
広瀬直子 アルク
image 接客業に携わる3000人以上の声を基にした、お客様対応フレーズ集の決定版が登場!現場で働く方々が「本当に言いたかった」「使う必要によく迫られる」英語フレーズを中心に紹介。英語の発音に近いルビを用意。よく聞かれる道案内にも対応。おもてなしの参考になるアドバイスも。CD-ROM付き。

『やさしい英語で話がはずむ! 外国人が喜ぶ日本のトピック108』
坂口雅彦 ベレ出版
image 日本の食べ物、文化・芸術・信仰、娯楽、サービス・技術、考え方、風習など…日本を訪れる外国人の興味を惹きつける日本のトピックを著者が自身の経験を元に厳選し、楽しく話が盛り上がるよう随所に“オチ”まで盛り込んだ英語初級者向けのフレーズ集。言ってみたいフレーズを選んで覚えれば、いざという時に自信を持って外国人のお客様にも応対できます。CD-ROM付き。

これをきっかけに自信をつけたら、外国人相手のバイトやボランティアにも挑戦したくなるかも。世界が広がりそうですね! (ま)